審美歯科、インプラント、根管治療、ホワイトニングなら稲田歯科医院

診察のご予約 0120-8218-99
富山駅前・新富町電停前

最新鋭のCT

最新鋭のCT完備
コンピューター制御によるインプラントオペ
マイクロスコープによる精密根管治療
オーダーメイドシミュレーション審美治療
歯科医師の皆様へ

※CT撮影承ります

スタッフが楽しく気ままに更新 スタッフブログ
昔の院長&スタッフブログ
私たちと一緒に働きませんか? スタッフ募集!
医療費控除について

保険外診療のみご利用可能です。

HOME»  最新鋭のCT

最新鋭のCT「3D exam i」

CTとは、X線を照射してコンピューターによる画像解析を行ない、人体の断面写真を撮影できる機器で、特に歯科用CTは、頭頚部に特化したX線装置で歯科領域の診断に必要な多くの情報が得られます。

当院では世界的に有名なドイツKavo社のCT装置を導入しております。
その画像の精度は世界でも指折りのもので、被曝線量に関してもトップクラスの少なさを誇るため、患者様の体に必要以上の負担をかけません。


歯科用CT

従来のX線写真は二次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTでは三次元の立体画像でのレベルに変わるので、
より多くの情報が得られます。


CT撮影風景

三次元の立体画像

インプラント3D画像

顎の骨の形は複雑で、精度の高い診断をする為にはインプラント治療に不可欠な顎の骨の高さや幅、骨密度などの情報や神経の位置を正確に把握できるCT撮影が必ず術前に必要となります。
そして手術直後も、正確な位置に埋入できたかを確認するためのCT撮影が必要です。

CTとは、X線を照射してコンピューターによる画像解析を行ない、人体の断面写真を撮影できる機器で、特に歯科用CTは、頭頚部に特化したX線装置で歯科領域の診断に必要な多くの情報が得られます。

高度なデータ処理によって、三次元の立体的画像をえる事ができ、コンピューターを用いての実際のインプラント治療の術前シミュレーションができます。撮影したCTデータを元に、3Dシミュレーションソフトをつかって、患者さんの歯、骨、神経等をコンピューター上で3D立体画像として作成し、どの部分にどんな種類のインプラントを何本埋入するかを診断します。

経験的な判断や勘に頼ることなく、診断したとおりの位置に適切な太さのインプラントを患者様に一番合う歯並びになるように埋入することができます。


  • CTの3次元立体画像

  • インプラント3D画像

歯科用CTの活用例

活用例① ~インプラント治療に有効活用したケース~

平面図(治療前)
断面図(治療前)

下の顎の骨は、このケースの様に舌側の下方が凹んでいることが稀にあります。
(個々人の骨の形は千差万別で、その断面図はCT撮影しないと絶対にわかりません。)

術者は骨を上からしか見ることができないので、目視だけでは、■の部分(頬の血管部分)にも骨があるように錯覚してしまうのです

錯覚したまま手術をすると、左の図のように血管を傷つけて、大出血を引き起こします

当院ではCT撮影コンピューター制御によるインプラントオペ(ガイデッドサージェリー)で、この様な事故を未然に防ぎます。

コンピューター制御によるインプラントオペ ガイデッドサージェリー
平面図(治療後)
断面図(治療後)

CTを使用したことで、適切な位置に適切な長さのインプラントを挿入することができました。

活用例② ~根尖病巣の診断にCTを有効活用したケース(根管治療)~

根管治療においても、CTはその力を発揮します。
従来のX線撮影では二次元の情報しか得られなかったため、病巣の見落としや複雑な根の形態を把握しきれないのは「仕方のないこと」とされてきました。
しかしCT撮影を行い、圧倒的な量の情報を得て治療を行うことで迅速な診断が可能となり、歯を残せる可能性も飛躍的にUPします。精密な根管治療を行うには、CTはもはや必要不可欠なアイテムと言えるでしょう。


レントゲンで撮影した平面図

患者さんは根の先の違和感を訴えていますが、他院では「レントゲンで問題はない」と言われたとのことでした。

病巣があるようにも見えますが、もやもやしていて、確かにはっきり分かりません。

歯科用CTで撮影した断面図

円形の病巣があるのがハッキリわかります。

活用例③ ~親知らずの抜歯に有効活用したケース~

「下の顎の親知らずが横向きに生えていて、よく腫れる」
「以前他の歯科で親知らずを抜いたほうがいいと指摘された」

という患者さんの悩み、当院でもよく耳にします。
下の顎の親知らずは確かに横向きに倒れて生えていることが多く、磨きづらさから腫れてきたり、手前の歯が虫歯になったりすることもしばしばです。しかし抜くのにもリスクが生じる場合があります。
それは、下の顎の骨の中を通る「下顎管」という管と親知らずが近接している場合です。
下顎管の中には神経や血管がいっぱい通っています。つまり、無理に抜歯をして神経を傷つけたり、圧迫してしまうと、一部の皮膚の知覚麻痺が起こってしまう可能性があるのです。
そのリスク診断に、CTが大活躍します。
親知らずと下顎管がどの程度離れているか、どこが危ないのかが一目で診断可能です。
もちろん親知らず自体の形も細かくわかるので、抜歯のスピードアップにも大きく寄与するのは間違いありません。

神経、血管の太い部分

親知らずの根の先が神経や血管に埋まり込んでいるように見えますが・・・。

もし根の先端と神経、血管がくっついていたら、通常通りの抜歯では難しいでしょう。

断面図

親知らずの先端と神経血管の間には一層の骨があり、くっついていません。リスクは高いですが、通常通り抜歯可能という診断がつきました。

歯科で行う「X線撮影」の人体への影響について

インプラント治療にとって、歯科用CTやレントゲンによる撮影は、歯の状態や歯の周囲の骨の状態を詳細に知るために重要な役割を果たします。
とはいえ、患者様の中にはCTやレントゲン撮影の際の被ばく量を心配される方も多いのではないでしょうか。

歯科用CTやレントゲンによる被ばく量についてご説明します。

歯科用CTやレントゲンで受ける放射線量

歯科用CT 0.1mSv/1枚
口の中に入れて撮影する小さい写真(デンタル) 0.01mSv/1枚
お口全体が撮影できる大きな写真(パノラマ) 0.03mSv/1枚

これは、一年間の限度とされる値の10から100分1の値であり、胸部や胃のX線検査で浴びる放射線被ばく量よりも少ない値です。